You are here: Home » Australia_Life » オーストラリアで永住権を取り働く方法。とある商社マンの例

オーストラリアで永住権を取り働く方法。とある商社マンの例

海外で永住権を取って働きたいというニーズが年々高まっています。
特にオーストラリアにワーキングホリデーや語学留学で渡航された後、オーストラリアに魅了され現地での永住を目指したいという方が多いのではないでしょうか。
しかし、実際にはオーストラリアで永住権を取り、就労先を確保するのは困難な道のりといえます。
というのも、日本人の方で多いのは、永住を取りたいが取得するのが難しそうなら、日本で生活できてしまうという点があります。

例えば、オフィスワーク系で永住権申請をしようと思うと、会計士やITエンジニアからの独立技術移民または、ビジネスビザスポンサーからの永住権取得が必要です。
日本で会計士資格やIT関連の学位を持っていない場合は、オーストラリアで別途学んで行かなければなりません。
当然、学校に通う学費や時間が必要となってきます。こういった事実を知ると大多数の人がちょっと無理かも・・と諦める方がいらっしゃります。
他にも永住権につながる、専門技師系のカテゴリーがあるのですが、永住権のために新しく勉強し直すことに抵抗がある方が多いのではないでしょうか。
永住権というものは簡単には取れない。ということを踏まえて、覚悟を決めましょう。それが永住権取得の一歩です。
今回は、自力でオーストラリアの永住権を取得されたビジネスマンの方の事例を紹介します。

努力で掴んだビジネスビザ→永住権(ビジネスマン編)

オーストラリアの大学生においても課題が、永住権。ローカルの学生と就職先を争わなければならない中、ビザが無いというビハインドは大きいものがあります。
多くの学生が、そういった事実を目の当たりにし日本での就職を検討し帰国していきます。
一方で、永住権申請を自分の力で成し遂げた先輩たちがいらっしゃいます。

Nさんは、高校卒業後オーストラリアに渡り、メルボルンの大学へ進学。
ビジネスとマーケティングを学び、キャンベラの大学のMBAへ進学されました。
その際に、就職活動を行いオーストラリアのローカルカンパニーでのマネージャー職に就職。
ビジネスビザサポートと永住ビザサポートを受け、永住権を獲得しました。
現在は商社にて、オーストラリアだけでなく世界各国を飛び回っています。

こういった話を聞くと、まだビザの規定が緩かった昔の話なんじゃないかと思うかもしれませんが、彼はまだ20代です。
諦めず努力し続ければ、道が開けることもあります。
オーストラリアで永住権を獲得しようと考えている方は、ぜひ、Nさんのサクセスストーリーから刺激を受けてチャレンジを頑張ってください!
一人でも多くの日本人が、オーストラリアを含む新天地で活躍するようになることが、真のグローバル化ではないでしょうか。

東京大学大学院修士卒、アクセンチュア株式会社の経営コンサルティング本部戦略グループに入社。同社退職後はオーストラリアに永住し、各種事業の責任者をしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です