You are here: Home » Australia_Life » 2016年・2017年を一気に総括

2016年・2017年を一気に総括

前回更新した時(2015年11月)からあっという間に2017年9月になり、約2年間まったく更新していませんでした(笑)
仕事でメディアを本格的に稼働させたり、会社のウェブサイト更新に力を入れていたので文章を書く余力がなく、個人のブログまで手が回らなかったのが言い訳です。
ようやく一段落したというのもあり、自分の備忘録も兼ねて2016年・2017年9月までを一気に総括したいと思います。

2016年のまとめ

2016年は1年かけてひたすらIELTSの勉強と仕事に打ち込んでいました。
IELTSは毎月受験をしていたのですが、Writingが6.5に届かず足切りの基準に引っかかっていました。リマークなども出してみたのですがスコアが変わることは無しでした。一方でようやくSpeakingスコアが7.0まで到達したのは自分の中でかなり達成感がありましたね。Speaking4.0台から初めたIELTSチャレンジもようやく7.0レベルまで達成し、継続は力なりと改めて実感しました。結局2016年内には目標達成できず、悔しい思いをしたのがIELTSの学習でした。

仕事ではウェブのリニューアル(一部)公開までたどり着けたのが良かったですが、メディアがPV数は伸びたもののビジネスでは結果に繋がらず苦戦していました。2016年の仕込みがあったお陰で2017年が大きく飛躍する要素となったので、コツコツやる、とにかく世の中に公開していく姿勢は大切だと痛感しました。

2016年は2015年以前に比べて圧倒的に日本滞在期間が減少し、仕事の内容はオーストラリア国内の事業に集中した1年でしたね。あと、プライペートではお引っ越しをして職場にかなり近いところに移動しました。

2017年のまとめ−9月まで

9月まで1年かけて2017年はいろいろと大きな動きがありました。
まず、IELTSですが、5月受験分でようやく目標スコア 全科目6.5以上、オーバーオール7.0を達成しました。それとなくWEBみたら合格してて衝撃でした。(笑) この回でなんと、リスニングパートで満点(9.0)獲得でき、オーバーオールも7.5あったので大満足の結果でした。続けていれば満点も取れる日が来るってことですね、IELTSの学習を通して大変なこともありましたが確実に語学力は身についたと思いますので、英語の勉強は長期間を覚悟して取り組むべきスキルの一つだと思います。

仕事では初の取組を5月にチャレンジしたのですが、幸いにも大成功となり新しい営業スタイルを確立していく一手が見えたのと同時に、会社がこの5年間で変わっていくべき姿が見えた気がしました。調子に乗らず引き続き、この取組を成功モデルまで引き上げる共に、スタッフでも実行できるような姿に変えていくのが課題だと思います。

現在は、オーストラリアの事業で書類作成が必要な業務が過大にある状態で、次から次へと出てくる問題を倒していっているのが直近の課題ですね。あとは、競争過多な事業領域なのでユニークさと勝ち残り戦略を明確に打ち出していく組織づくり体制づくりを急ピッチで進めていきたいと思います。

2008年〜2010年までSEOはかなり勉強したのですが、改めて検索エンジンに評価されるサイト作りということでSEO対策もかなり進めています。一定の成果は出たものの、本当に試行錯誤で何が当たるのか分からないですが、仮説を元に実行に移して行く作業をひたすらやっていく感じです。

2017年は、ほとんど日本に戻っていない感じです。オーストラリアで勝てるキャリアについて思案を重ねる毎日です(笑)

全く更新していなかったのでリハビリがてらの更新です。今やブログを支えるプラットフォームもNote等色々でていますが、やっぱり自分のドメインで自己ブランディングやアウトプットしていくというのも大切だと思います。人に魅せることが大前提の寄稿などは気を使うし、会社のメディアも最大限注意しながら文字を書いていくのが当たり前なので、散文を載せる媒体はガス抜きにちょうどいいと思います。また、思い立ったら更新していきたいと思います(笑)

東京大学大学院修士卒、アクセンチュア株式会社の経営コンサルティング本部戦略グループに入社。同社退職後はオーストラリアに永住し、各種事業の責任者をしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です