You are here: Home » Memo » 小銭の悩みに屈して、小銭いれを新調してみた。

小銭の悩みに屈して、小銭いれを新調してみた。

小銭って本当に邪魔ですよね。オーストラリアでも日本でも小銭が増えてくると財布が重くなるので、小銭は財布から取り出しデスクの引き出しに貯めこんでしまっています。たんす預金ならぬデスク預金が増えていく一方です。
さらに、マネークリップや長財布を最近愛用しているので小銭いれがついていないため、余計に小銭がデスクに貯まる習慣がついてしまいました。さすがにこれ以上小銭が貯まると困るので、小銭いれを持ち歩くことに。

さっそく小銭いれを新調しようと重い、Amazon,楽天,ブランド小物あたりをリサーチしてみました。
最近めっきりブランド物に興味がなくなった。というより対価に見合った価値を見いだせなくなったので、ブランドはまず除外して検討。ただ、個人系のショップで取り扱っている革小物は品質のバラツキが激しいため慎重に選ばないと痛い目にあいますので、値段&レビューをしっかり見ながら決めました。

小銭入れとして、まずこだわった形状がラウンド型で小銭の出し入れが楽なものです。あとは、できるだけ薄くコンパクトなもの。大きいとポケットの中で存在感がありすぎて不便なので外せない条件でした。

というわけでAmazonと楽天をチェックしまくって選んだのがコチラ!!

馬蹄型というタイプらしいのですが、コインも取り出しやすく軽いです。
革も硬すぎずやわらかすぎずで届いてからすぐ使えます。日本製ということがウリのポイントになっている商品で、同じタイプの無名ブランドのモノが4,000円以下で手に入ることを考えると安いわけではないですが、ポケットにいれていても潰れるような柔らかさではないですし、色移りしそうな気配もありません。
今日で使用をスタートしてから3日が経つのですが特に問題になるようなコトは発生しておりません。

財布2財布−オープン

小銭に悩んでいる方は是非導入を検討してみてください。日々発生する小銭とも仲良くなれるかも!?

東京大学大学院修士卒、アクセンチュア株式会社の経営コンサルティング本部戦略グループに入社。同社退職後はオーストラリアに永住し、各種事業の責任者をしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です