You are here: Home » 外資系就職活動Tips » ほとんどの人が本当は間違っている?就活するなら正しい靴紐の結び方を知っておこう。

ほとんどの人が本当は間違っている?就活するなら正しい靴紐の結び方を知っておこう。

ビジネスにおいて外見は非常に大切なのは言うまでもありません。
清潔感があり、職業ごとに求められる基準に見合うような格好をしていかなければなりません。
特に就職活動や転職活動をしている人は、外見にも普段以上に気を配らないといけないでしょう。
(もちろん、外資経営コンサルタント職などのプロフェッショナルな仕事についている人は普段から十分に気を配る必要があると思います。)

清潔感のある髪型やスーツを揃えて、安心してはいけません。
面接官や取引は、あなたの足元もチェックしています。
靴が汚いというレベルは言語同断ですが、靴紐の結び方が汚くほつれかかっている状態になっている人が意外と多く、面接していると結構気になります。また、固結びにしている人も中にはいますが、見た目はあまりよくありません。

ここまで大変偉そうに導入を書いてみたのですが、そういう私も靴紐の結び方をちゃんと学んだことは社会人になるまでなく、結構いい加減な結び方をしていたと思います。(もちろん大切な局面では適時結び直しして維持していました。)
それが数年前にあるTEDの動画を見て一変、今や正しい結び方で一日中ほどけることなく美しい結び目を維持できています。

こんな簡単にキレイにかつ解けない結び方がある!

まずは、テリー・ムーア氏のTED動画をご紹介です。

たった3分間の短いプレゼンテーションですが、弱い結び方が何故ダメなのかにも触れられていて、目からうろこの話になりますよね。また、丁寧に結び方の解説がさせているので、強い結び方を簡単に学ぶことができます。

革靴でも効果抜群!

靴紐の結び方
記事を書く時にたまたま履いていた靴なので、靴自体の見た目については許してほしいのですが、結び目は非常にキレイですし朝歩いてきても全然ほつれたりしません。

何の編集もしていませんが、実際にやってみてる動画も撮ってみましたので参考までに。

さいごに

テリー・ムーア氏の動画の中にもあるのですが、少しのアイデアでその後の人生が大きく変わることがあります。
靴紐の結び方なんて、あまりキレイに結べていても関係ないと思うかもしれません。
でも、一日の中で何度も結び直したり、面接官や取引先に失礼な印象を与えているかもしれません。
5秒程度で済む靴紐の結び方を変えてみてはどうでしょうか。動画を見る時間を入れても4分くらいで人生が大きく変わるかもしれません。

東京大学大学院修士卒、アクセンチュア株式会社の経営コンサルティング本部戦略グループに入社。同社退職後はオーストラリアに永住し、各種事業の責任者をしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です