You are here: Home » Australia_Life » アマゾンのEcho Spotオーストラリア版を購入しました

アマゾンのEcho Spotオーストラリア版を購入しました

AmazonのAIスピーカーEchoに画面がついたEchoSpotをついに購入しました!スマートホーム化の波には完全に出遅れていますが、オーストラリアのインターネット事情も改善してきたし、家をより便利にしていくモチベーションが湧いたので、まずはEchoSpotから買ってみました。執筆時点では、オーストラリアを含む英語圏では販売済みですが、日本では2018年7月26日発売予定となっています。本日7月16日はオーストラリアでもAmazonPrimeDayで$199から$149に$50値下げされていました。

現時点(2018年7月16日)では設定画面には英語(アメリカ・イギリス・オーストラリア)と、なぜかドイツ語が選択できますが日本語は選べません。オーストラリア版のアレクサ(Echo Spotの呼び出し初期名:変更可)では、”Alexa, Thank you!”というと、”No worries”(問題ないさ!くらいのオーストラリア提携挨拶)と返してくれるあたり、ちゃんとオーストラリア英語に合わせてくれています。さすがAmazon。

寝室の時計代わりにもしたいと思っていたので、スタンドも購入しました。オーストラリア版で$29.95!スタンドが高いですね・・・。本体との接着はマグネット式になっており取り外し簡単でプラスチックが傷まない構造なので長い間使えそうです。

アマゾンPrimeMusicに入っていれば、音楽もかけ放題ですし、Amazon Prime Videoが小さい画面ではありますが再生可能です。ミュージックビデオとかあればかなり便利かもしれません。ホーム画面は時計(アナログ表示)となっており寝室の時計としては最適です。ディスプレイの明るさも自動調整されるため、夜中は眩しくはなく時計の時刻も確認可能です。この時計表示ができるのは、Amazon Echoシリーズの中でもEchoSpotが勝っているポイントではないでしょうか。(EchoSpotでようやく購入を決断できた理由が、画面表示があることでした。)”Alexa, Good Night”というと、画面が暗くなりフクロウが表示されるあたりも可愛いです。当たり前ですが、ネットに繋がっているため時刻は自動的に調整されます。(電波時計よりも正確!)オーストラリアのシドニーはサマータイムが導入されているため半年に1度時計の調整が必要ですが、Amazon EchoSpotならネットに繋げておけば調整してくれるので、とても楽になります。

まだ使ってみて日が浅いですが、”Alexa, Set Alarm at 7 AM , please”などでサッとアラーム設定できるのはとても便利です。オーストラリアのアマゾンEchoSpotのレビューを見てみると、アメリカ版と比較してまだ使える機能が限定されているそうで、フル機能が公開されるのが楽しみですが画面があることで使いやすいのは間違いないと思います。

これから鍵や電球などできる限りスマートホーム化を進めていけば、Echo Spotに話しかけてコントロールする局面が増えると思うので楽しみです。日本で発売されれば日本語版が解禁されそうですが、当面は英語で頑張ってみようと思います(笑)スマートホーム化を考えている方はぜひ、購入を考えてみてください!オシャレですよ!

東京大学大学院修士卒、アクセンチュア株式会社の経営コンサルティング本部戦略グループに入社。同社退職後はオーストラリアに永住し、各種事業の責任者をしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です