You are here: Home » Memo » 30代の1年目が終わり、2年目へ。

30代の1年目が終わり、2年目へ。

毎年誕生日が終わったらまとめを書いているのですが、今年はほとんどブログ更新できず気がついたら10月になってしまいました。
忙しくない時はあんまりないので、単にサボってただけです。ようやくブログを書くというところまできたので、まずは31歳になったので振り返りと決意表明の記事から書こうと思います。

|3ヶ月たっちゃいましたが、30歳での振り返り。

私生活の充実

いよいよ20代が終わって30歳になったということで気合充分やる気十分で30歳をスタートして色んなプロジェクトを進めましたが、まず私生活を充実させるということも重要視してみましました。仕事に切りはないので少し私生活面も余分に時間を取るように努めて過ごしたので、30歳の前半はわりと充電できた期間だったかなと思っています。旅行もそんなに好きなタイプではないのですが、出張も含めて色んな土地に行く経験に投資できたのが30歳かなとも思っています。

語学力の強化|IELTSスコア

プライベート面で努力をしたのが、IELTSの勉強です。(まだ目標には達していません・・・)まずは、大学院の授業をとれるレベルのIELTSスコアを獲得するために勉強を重ねていたのですが、無事にIELTSスコアでOverall 7.0 Each bandの最低スコアを6.0におさめることはでき、リーディング8.5、リスニング7.5の大台も達成することができました。やっぱり英語も努力の積み重ねだよねと思います。なんせ最初に勉強を始めた時は、たった5.0を取るにも四苦八苦してた状況だったので我ながら進歩したと思っています。が、オーストラリアの移民コンサルタントの資格を取るためには、まだスコア不足です。あと0.5伸ばせばいいところまできているので、引き続き頑張っていこうと思います。

仕事での新しい試み

新しい会社を日本で作り、オーストラリアではコンサルティングの案件が無事獲得でき、新しいことにチャレンジができたのが30歳の特徴でした。オーストラリアにいてなかなかチャンスがつかめず、どうしようかと真剣に悩んだ時期もありましたが、歩留まりしていた状況から脱することが見えてきたいい一年でした。ストレスが溜まることも多かったですが、私生活にも十分ゆとりをもって過ごしたので気力十分で臨めたかなと思います。

健康面

群発頭痛という持病があるのですが、それも発生せず、折った右腕の手術で発生した撓骨神経麻痺からもだいぶ回復して快適に過ごせた1年だったかなと思います。29歳は、群発頭痛がひどく夏場のほとんどが仕事以外楽しんでる場合じゃなかったので群発頭痛が出ない過ごし方は非常に大切ですね。日常の体調管理には十分に気をつけていきたいと思います。どうやら日本の梅雨に帰るとひどい頭痛に見舞われて発症すると2〜3ヶ月は続くので、6月に日本に出張を入れるのはできるだけ避けていこうと思います。。

30歳で読んだ本の中で面白かった本 ベスト3

1位:ゼロ・トゥ・ワン―君はゼロから何を生み出せるか −ピーター・ティール著

ゼロ・トゥ・ワン―君はゼロから何を生み出せるか

起業がどうのこうのではなく、生き方の指針としても示唆深い本。1番やる気と頭の体操になった本でした。

2位:神話のマネジメント −神田昌典著

神話のマネジメント

狭い世界の論理的整合性を飛び出て、予測できない未来図を”ストーリー”という切り口で予測してしまう神田氏独自の観点で書かれた本。これはマネジメントについて書かれている本ですが非常に分かりやすく参考になりました。

3位:たった一人の熱狂 仕事と人生に効く51の言葉 −見城徹著

たった一人の熱狂-仕事と人生に効く51の言葉-

働くとは何か。生きると何かについて、勇気づけをしてくれる本。自分が悩んでいることって皆悩んでるんだよねっていうことと、努力って絶対必要だよねって自分に改めて言い聞かせられる本。

|31歳の1年間をどう生きるか。


大きく変わったことといえば、31歳の7月から念願のオーストラリアのヴィクトリア大学大学院の移民法のコースへ入学したことです。1セメスター(半年間)のコースとはいえ、仕事と両立するのは大変ですが、新しい知識を学ぶこと、そして海外の大学院で学ぶことができたのは目標の一つだったので達成できて良かったです。さすがに、この局面で私生活の充実も何も言ってられないので当分は仕事に影響が出ないように、自分の時間は大学院での学習に注力して無事に卒業できるようにしたいと思います。なんだかんだ言って、10月の現時点で卒業までに必要な4つの科目のうちの2つの科目が終ったので、道のりは半分まできました。大学院の授業が終了したら、またIELTSの勉強に注力して移民コンサルタントの認定に必要なスコアを取得したいと思います。32歳になる前に5年越しのチャレンジである移民コンサルタントになれるよう頑張ります。
仕事の面では、仕込んでいたものがどんどん前に進みつつありますので、世の中にインパクトが与えられるように全力で取り組んで行きたいと思います。会社も今まで手を付けていなかったブランディング面に上半期は結構投資しています。より会社の中身を知ってもらう努力をすることと、見てもらっても恥ずかしくない会社とすることを同時並行で進めて、さらに飛躍する一年にしたいと思います。一連の取り組みによって弊社グループ会社は全て無借金経営という状態に突入しました。過剰投資や固定費をあげない努力をしつつ、積極的投資も行って来年は大きく成長した会社にしたいと思います。
コンサルティングやオーストラリアの大学生へのボランティア活動も引き続き取り組んでいきたいと思います。
30歳で充電したエネルギーを使って、楽しく実りのある1年間にします。

このブログも記事100件を目標に頑張って書いていきます!(笑)(現在49記事目)

東京大学大学院修士卒、アクセンチュア株式会社の経営コンサルティング本部戦略グループに入社。同社退職後はオーストラリアに永住し、各種事業の責任者をしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です