オーストラリアのマルチカルチャーが、世界のスタンダードなのかも。

最近、カフェでコーヒを買ってなかったのですが、今日は朝早かったので久しぶりにオフィスの近くのカフェへ行ってきました。
そのカフェはインドネシア系の家族が切り盛りしていて、いつもアットホームで留学生や近所のオフィスマンからも人気のカフェです。

とにかくフレンドリーで、普段買うコーヒーを覚えているので、顔パスでコーヒーを作ってもらえる素晴らしいカフェです。
さらに、このカフェに通っている理由が、インドネシア語だったりします。テリマカシ (Terima kasih)=【ありがとう】から始まり簡単な言葉は彼らから学んでいます。

今日、面白かったのが、僕はインドネシア語、店員さんは日本語で挨拶をしていて、それを見たオージーがこのカフェは色んな言語が飛び交って面白いな!みたいな感じで乗っかってきました。
午前中のほんのカフェでのひと時のエピソードなんですが、ともすればネガティブに考えられるマルチカルチャーの文化って実は素晴らしいんだと感じます。

英語はマルチカルチャーをつなぐ重要な言語ですが、同時に日本語も僕らを表す重要な言葉だし、同時に相手も起源とする言語を持っていてお互いに尊重しながら楽しむというのは、日本人には無い感覚なんだと、つくづく思います。

色んな価値観を吸収して、マルチカルチャーを楽しめるグローバル人材になっていきたいですね。

留学を経験することは大きな人生の転機になりますね。
留学については、ぜひワールドアベニューに問合せをお願いします。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました