2014年の年始表明

僕にとっては、非常に大変だった2013年がついに終わったという感じが強いですが、
とうとう30歳を迎える2014年がスタートしました。

20代がスタートした時には、まさか海外で働いているとは思いもしませんでしたし、
こんなに早く今のポジションにいるとは考えていませんでした。

いろんな課題や問題が山積みで、うまくいかないことの方が多いですが、
それも人生と思い、楽しみながら今年も頑張って行きたいと思います。

■2013年の振返り
コンサルティングファームを退職して、経営者となってから2年目となるシーズンでしたが、
早々に上腕骨を複雑骨折し、ほぼ3ヶ月はまともに仕事ができる状態ではありませんでした。
家族やスタッフに助けられ、無事にほぼ完治までこれたことは本当に感謝しています。
直接的な仕事の成果は途中で止まりがちな1年にはなってしまいましたが、
人生において大切なことを考えなおすいい機会になりました。

2013年の後半からは、現地の大学に通うインターン生が参加してくれたことにより
新しいことにチャレンジできる時間を多くとれ、サービス開始まであと少しというところまでこぎつけています。
この世界はスピードが命ですので、2014年はこのビジネスを軌道に乗せるのがチャレンジとなります。

■2014年の目標
2012年に現在の職についてから、オペレーションを回したり内部改革に大きな時間をとられていましたが、
おかげ様でほとんどの内部課題が片付きましたので、今後はより会社を拡大させる形で仕事を取り組んでいきたいと思っています。

積極的に新しい事を導入していくという、ベンチャーでは当たり前のことをもっとスピード感を持って取り組んでいきます。
また、共に戦う仲間を育てることと、採用していくことを恐れず取り組みます。

個人的な目標としては、大きく2点を考えています。
1点目は、やはり英語力。
英語との戦いは長期戦ですが、今年もめげずにどんどん勉強していきます。
ちょっとずつでも積み重ねが大切という意識で、IELTS7.0を目指して頑張るつもりです。

2点目は、発信です。
本を書くことが、子供の時からの夢ですが、
それを叶えるためにも世にどんどん発信していくことをやっていきたいと思います。
SNS、Twitter、Blog、AllaboutなどのWEBメディアは勿論、積極的にリアルなコミュニティにも参加して自分の考えを発信していくようにしていきます。

30歳に向けて人間としての厚みは増すようにしつつ、頭はいつまでも柔らかくビジネスをどんどん作り上げていけるように頑張っていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました